for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:パウエルFRB議長が緩和策解除に言及も労働市場は依然完全回復に程遠い


*07:32JST NYの視点:パウエルFRB議長が緩和策解除に言及も労働市場は依然完全回復に程遠い
米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は25日のインタビューで、ワクチンや追加経済対策が奏功し回復ペースが予想を上回ったとの見解を示した。いずれ、経済や労働市場が完全に回復した際、中央銀行は実施している緩和を解除することが可能になるだろうと言及。かなりの透明性を持たせ、段階的なものになると、緩和の解除に関して初めて語った。ただ、その時期は今ではないと念を押している。経済が目標に向けてかなりの進展をすると同時に、保有している国債や住宅ローン担保証券を段階的に解消していく、とナショナル・パブリック・ラジオのインタビューで明らかにした。

実際、商務省が発表した10-12月期国内総生産(GDP)確定値は前期比年率+4.3%と、予想外に改定値+4.1%から上方修正された。33.4%と過去最大の伸びを記録した7-9月期に続き2四半期連続でプラス成長。また、先週分新規失業保険申請件数は前週比9.7万件減の68.4万件と、パンデミックにより経済が封鎖した昨年3月中旬来で初めて70万件を下回った。また、失業保険継続受給者数も387万人と1年ぶり400万人割れとなった。ただ、パンデミック緊急失業者支援策の受給総数はいまだに1700万人と、パンデミック前の水準に回復するにはかなりの時間を要する可能性がある。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up