for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コラム【アナリスト夜話】フィンフルエンサー相場はどこまで行くか?(マネックス証券 大槻奈那)


*09:35JST コラム【アナリスト夜話】フィンフルエンサー相場はどこまで行くか?(マネックス証券 大槻奈那)
米国の土曜深夜に、テスラのイーロン・マスクCEOがバラエティ番組「サタデーナイトライブ」に登場しました。これに伴い注目を集めたのが、マスク氏が応援する柴犬マークの暗号資産ドージコイン(Dogecoin)です。

もともとジョークで生まれたコインでしたが、マスク氏がゴッドファーザーならぬ「ドージファーザー(Dogefather)」などとサポートしたことから、今年に入って140倍上昇し、全暗号資産中第4位のメジャーなコインに変身しました(時価総額ベース)。結局番組では、マスク氏が「husle(あやしい金儲け)だ」などとコメントしたため、一晩で4割近く下落しました。もはやこれまで...と思いきや、日曜日に、今度はスペースX社が来年のミッションで「ドージコインで資金を受け入れる」と発表し、盛り返しています。

マスク氏のように市場を大きく揺るがすフィンフルエンサー(金融のFin + influencer)が、欧米市場のワイルドカードになっています。年初にSNSの噂で急騰したゲームストップやAMCなどのペニーストック(小型株)も思い起こされます。背景として、カネ余り、余暇の増加に加えて、金融知識をSNSに求める人の急増が指摘されています。

今の日本ではここまで派手な動きはみられません。しかし、1980年代のバブル末期には、懐かしの八百半デパートや一部の製紙会社等、多くの株式が噂で乱高下したものでした。コロナが収束に向かえば、日本でも、フィンフルエンサーや市場の噂が席巻する日が再び来るかもしれません。

しかし、そうした動きは、短期的には面白くてもやがて悲劇に繋がり得る危険な賭けです。我々は、大きく相場を動かすことはなくても、正確で信頼できる情報をこれからも粛々と発信していきたいと思います。


マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那
(出所:5/10配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up