for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

国内外の注目経済指標:日本の1-3月期GDPは再びマイナス成長に


*14:45JST 国内外の注目経済指標:日本の1-3月期GDPは再びマイナス成長に
5月17日-21日週に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。

■18日(火)午前8時50分発表予定
○(日)1-3月期国内総生産速報値-予想は前期比年率-4.5%
1月に発出された2回目の緊急事態宣言の影響を受け、個人消費が落ち込んだことや、一部産業支援策の終了などによって日本経済は再び停滞した。設備投資は増加したとみられる、住宅投資はやや減少。公共投資、政府消費ともに減少したとみられる。輸出がやや低調だったことから、外需寄与度はマイナスになる見込み。

■18日(火)午後6時発表予定
○(欧)1-3月期ユーロ圏域内総生産改定値-予想は前年比-1.8%
参考となる速報値は前年比-1.8%、前期比でもマイナス成長となった。ユーロ圏諸国における経済制限措置が導入されていたことから、個人消費や企業設備投資などは弱含みとなっており、速報値が上方修正される可能性は低いとみられる。

■21日(金)午後5時発表予定
○(欧)5月マークイットユーロ圏製造業PMI-予想は62.5
参考となる4月実績は62.9。新型コロナウイルスのワクチン接種拡大によって製造業の企業景況感は改善しつつある。雇用情勢の急速な改善は期待できないものの、新規受注はまずまず順調とみられており、5月は4月実績に近い数値となる可能性がある。

■21日(金)午後10時45分発表予定
○(米)5月マークイットサービス業PMI-予想は64.9
参考となる4月実績は64.7。新型コロナウイルスのワクチン接種が急速に拡大しており、経済制限措置が緩和されている。対面型のサービス業の企業活動は拡大しており、個人消費は持ち直していることから、5月は4月実績と同水準か、やや上回る可能性がある。

○その他の主な経済指標の発表予定
・5月17日(月):(中)4月鉱工業生産、(中)4月小売売上高消費者物価指数、(米)5月NY連銀製造業景気指数
・5月18日(火):(欧)3月ユーロ圏貿易収支、(米)4月住宅着工件数
・5月20日(木):(日)4月貿易収支、(豪)4月失業率、(米)4月景気先行指標総合指数
・5月21日(金):(日)4月全国消費者物価指数、(米)5月マークイット製造業PMI



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up