for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:米国債の大幅増発観測


*07:30JST NYの視点:米国債の大幅増発観測
米紙ニューヨーク・タイムズは27日、「バイデン大統領は2022年度の予算教書で6兆ドル規模の歳出を求める」と報じた。関連文書に基づく報道によると、2022会計年度(2021年10月−2022年9月)予算案では、連邦政府の歳出が6兆ドル規模に拡大するようだ。年間の財政赤字は今後10年間、1兆3000億ドルを超えるもよう。歳出額は2031年度までに8兆2000億ドルに拡大すると想定されている。予算教書の概要は28日に公表された。

市場関係者の間からは「歳出額は想定を上回っており、財源確保のために国債発行額は大幅に増加する」との声が聞かれている。国債の大幅増発は米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策にも重大な影響を及ぼすことになりそうだ。国債買い入れ額を段階的に縮小することは大変難しくなり、状況次第では、長期金利の上昇を抑えるために、国債買い入れを増やすことも検討されるとみられる。

米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長は25日、「今後数回の連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で債券購入を縮小する適切な時期について議論を始めることができるかもしれない」と述べている。クラリダ副議長の見解は「今後入ってくる経済データ次第になると思う」と条件付きだが、米国債の大幅増発が避けられない場合、FRBは金融緩和策の縮小について議論を開始することは難しくなる。インフレ加速の可能性は低いものの、インフレ率がFRBの想定を超えるような状況となった場合、金融政策面で極めて難しい対応を迫られることになりそうだ。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up