for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コラム【新潮流2.0】:テクニカル(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)


*09:26JST コラム【新潮流2.0】:テクニカル(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)
◆「あるトレーダーが、月曜日に株が上がるというパターンを発見した。ところがそんな単純なパターンは誰でも気づく。それを利用して儲けてやろうと金曜日に買って月曜日に売る人たちの取引で、パターンはならされて消えてしまう。」これはナシーム・ニコラス・タレブが著書『まぐれ』の中で、経済学者のロバート・ルーカスの考えを分かりやすく紹介した例えである。 人々が合理的なら、過去のデータを使って予測可能なパターンを見つけ、それに適応するから、過去の情報は将来の予測にまったく使えなくなる。これがルーカスの主張である。

◆月曜日は月末最終日だ。月末の日経平均は昨年9月から8カ月連続で下落している。「月末株安のアノマリー」だ。ところが先週末の日経平均は600円高と大幅に上昇し、2万9000円の大台を回復した。これをどう解釈したらよいだろう。月末に株は下げるということがわかっているなら、先週末にあれほどの上げ相場にはなっていないはずだ。シンプルな答えは、「月末株安のアノマリー」など無視する向きが大勢を占めたということだろう。

◆お客様からの質問に答える「マーケットの羅針盤」で、テクニカル分析を否定したことが波紋を広げている。しかし、改めて言うがテクニカルでは儲けることはできない。アカデミックには市場効率仮説のウィーク・フォームは成り立つというのはコンセンサスになっている。実際問題として過去のチャート・パターンで売買しても、うまくいく場合もそうでない場合もある。つまり、それは「使えない」ということである。

◆某ストラテジストは「今週のマーケット展望」でこんなことを述べている。「日経平均の一目均衡表の雲は31日に<ねじれ>を迎える。雲の<ねじれ>は相場の転換点になる。」転換点の意味はどっちなのだろう。前回はその雲のねじれの隙間から下方に急落した。今度はその間隙を縫って上に抜けるか?それともここまで連騰で戻してきた上昇基調が転換するのか。どちらにも可能性がある…だから、テクニカルはだめなんだってば!


マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆
(出所:5/31配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より抜粋)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up