for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:米5月中古住宅販売は供給不足で4カ月連続で減少、FRBのMBS購入もはや必要ないとの見方も


*07:34JST NYの視点:米5月中古住宅販売は供給不足で4カ月連続で減少、FRBのMBS購入もはや必要ないとの見方も
全米不動産業者協会(NAR)が発表した5月中古住宅販売件数は前月比‐0.9%の580万戸と、4月585万戸から減少し6月来で最小となった。在庫不足で、販売が伸びす4カ月連続の減少。予想は上回った。パンデミックの影響で住宅市場がほぼ閉鎖した前年に比べ44.6%増。

NARのチーフエコノミストによると、売り上げがパンデミック前の水準に戻りつつあるという。在庫不足が引き続き販売を抑えているが、同時に、価格の上昇で、値ごろ感が後退。最初の住宅購買にも影響を与えている。5月末の在庫は123万戸と、前年から20.6%減。平均の販売ペースは平均で2.5カ月となる。

需要の急増に対して、供給が非常に低く、価格を大幅に引き上げ。中間価格は前年同月比で23.6%増の35.03万ドル(約33万円相当)で統計開始後の最高値を更新。また、上昇率も過去最高と記録した。

4カ月連続の販売減少が、年内の潜在的な住宅市場の成長ペース鈍化を示唆していると指摘しているアナリストもいる。しかし、一部のアナリストや、ブラード・セントルイス連銀総裁など一部FRB高官は住宅市場は十分に強く、FRBによる住宅ローン担保証券(MBS)の購入はもはや必要ではない、との見方も根強い。FRBの量的緩和(QE)は米国債に集中すべきとの見方が強まりつつある。







《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up