for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:米7月住宅市場指数、11カ月ぶり低水準、買い手様子見に転じる


*07:39JST NYの視点:米7月住宅市場指数、11カ月ぶり低水準、買い手様子見に転じる
全米住宅産業協会(NAHB)が発表したNAHB住宅市場指数の最新7月分は80と、予想外に6月81から低下し11カ月ぶり低水準となった。ただ、前年同月の72からは上昇。需要は引き続き強いが、建築材や人件費の上昇が建設業者の信頼感の低下につながった。昨年の11月に過去最高を記録したのちは、低下傾向にある。拡大と縮小の境目である50は2014年7月以降7年間継続して上回っている。

住宅価格の高騰で、買い手が様子見の姿勢に転じた。購買見込み客足指数は65。今年初めて70を下回った。NAHB会長は、建築材料の中で特に配向性ストランドボードは2020年1月の水準から500%超上昇したと指摘。加えてサプライチェーンの混乱、在庫水準も低く、売上を抑制すると見られている。

住宅市場はパンデミック需要が強いにもかかわらずFRBが住宅ローン担保証券の購入を続けていることも上昇の要因との意見もある。これに対し、パウエル議長はFRBの購入による影響は微々たるものとしている。MBS購入縮小の必要性を指摘するFRB高官もおり、次回のFOMCで注目される。

■7月住宅市場指数:80(6月81、2020年7月72)
一戸建販売現在:86(87、78)
一戸建販売見通し:81(79、75)
購買見込み客足指数:65(71、57)







《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up