for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:米FRBの早期の利上げ観測後退


*07:35JST NYの視点:米FRBの早期の利上げ観測後退
世界、米国内での新型コロナウイルス変異株流行が強い回復ペースの障害になるとの懸念が強まり、金利先物市場でのFRBの利上げ開始時期見通しは従来の2022年12月から2023年3月に先送りされた。10年債利回りが1%まで低下するとの見通しも浮上。しかし、同様に英中銀や欧州中央銀行(ECB)などの早期緩和縮小見通しも後退したため、ドルへの反応は鈍い。

例え、ウイルス変異株が景気の見通しリスクになるとしても、欧米でワクチン接種が急ピッチで進んでいるほか治療薬の開発も進んでおり、少なくとも昨年のような深刻な景気の落ちこみは回避できると考える。Natixisのチーフエコノミストは2021年の米国経済で7%成長を予想している。予想通りとなると、1983年来で最大の伸びとなる。しかし、来年の成長率は本年のほぼ半分に鈍化すると予想。

歴史的に6%を上回る成長を示すブームの次の年は成長率が半減する傾向にあるためだと説明している。今年は特に、財政刺激策という特別要因が成長を押し上げたため2022年の成長鈍化ペースは今までよりも大幅になる可能性を指摘している。





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up