for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

【書評】『裏切りと陰謀の中国共産党建党100年秘史 習近平 父を破滅させたトウ小平への復讐』(遠藤誉、ビジネス社)


*14:24JST 【書評】『裏切りと陰謀の中国共産党建党100年秘史 習近平 父を破滅させたトウ小平への復讐』(遠藤誉、ビジネス社)
 

習近平の父である習仲勲を失脚させたのはトウ小平であり、習近平の行動原理はトウ小平への復讐である。このことを証明すべく、中国共産党建党100周年の歴史を紐解き、習近平の言動、行動を緻密に解釈する『裏切りと陰謀の中国共産党建党100年秘史 習近平 父を破滅させたトウ小平への復讐』(遠藤誉、ビジネス社)が出版されている。

習仲勲は中国革命の聖地「延安」を築いた英雄の一人だ。延安がなかったら「新中国」は誕生していない。だから毛沢東は習仲勲を高く評価し、後継者の一人と位置付けていた。トウ小平は様々な陰謀により1962年に習仲勲を失脚させただけでなく、習仲勲の功労をかき消すために延安の存在を薄めた。

そのため習近平はトップに立つと直ちに「革命の初心を忘れるな」として「延安」と「毛沢東」を強調し、同時に米中の力が拮抗する時代を「新時代」と名付け、中国には「毛沢東の新中国」と「習近平の新時代」しかなく、トウ小平を江沢民・胡錦涛と一塊にして過渡期の指導者と位置付けた。自分の手で米国に打ち勝つことによってトウ小平を凌駕しようと、国家主席の任期を撤廃した。

16年間に及ぶ牢獄生活を終えて1978年に政治復帰して広東省に赴任した習仲勲は、深センを「経済特区」と名付けて深セン・香港・マカオを結ぶグレーターベイエリア構想の原型を提案していた。だから習近平は深センをハイテク基地に育て上げ、当該構想を完遂すべく香港の民主化を断固阻んでいる。

但し、習仲勲が「少数民族を愛し大切にし、異なる意見を取り入れなければならない」と主張したのに対して、習近平は親の理念を裏切って、少数民族と言論の自由を弾圧している。これは逆に「一党支配体制を維持するためには、少数民族を弾圧し言論統制を強化するしかない」ことの証左であり、これが習近平のアキレス腱であることが本書から見えてくる。
革命戦争を経験した著者でないと書けない、習近平の国家戦略を知るための必読の書だ。


《RS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up