Reuters logo
今日の為替市場ポイント:黒田日銀総裁の会見待ちに
2014年10月7日 / 08:13 / 3年前

今日の為替市場ポイント:黒田日銀総裁の会見待ちに


*08:10JST 今日の為替市場ポイント:黒田日銀総裁の会見待ちに

昨日6日のドル・円相場は、東京市場では109円85銭から109円33銭まで下落。欧米市場では一時108円65銭まで続落し、108円79銭で取引を終えた。

本日7日のドル・円は109円前後で推移か。ポジション調整的な円買いは一巡しつつあるが、黒田日銀総裁の記者会見内容を確認する必要があることから、目先においてドル・円は108円台後半でもみ合いを続ける可能性がある。

報道によると6日に開かれた衆院予算委員会の質疑で、みんなの党の浅尾議員は、外為特会(外国為替資金特別会計)で保有するドル資産について、満期がきたら円に戻すよう求めたそうだ。これに対して麻生財務相は、「基本的には円買い・ドル売り介入ということになる」、「金融とか為替の市場には何が起きるかわからない、極めて不測の事態が起きる」と答えたようだ。

財務省によると、円買い・外貨売り介入の場合には、外貨建債券の売却等により外貨を調達し、為替介入を通じて外貨を売却し、円貨を購入する。介入で得た円貨は政府短期証券の償還に充当される。

外為特会の為替評価損は2013年度末で約9兆8600億円と報じられているが、1ドル=110円の場合、評価損は小さくなるようだ。政府・日銀の円安志向は評価損を解消するためではないか、との見方があるが、2013年度末時点で10兆円近い為替評価損は予想以上との声が聞かれている。


《KO》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below