Reuters logo
欧米為替見通し:12月17日のリスク回避
December 10, 2014 / 5:17 PM / in 3 years

欧米為替見通し:12月17日のリスク回避


*17:13JST 欧米為替見通し:12月17日のリスク回避

本日10日の欧米市場のドル・円は、リスク回避の円買いで上げ渋る展開が予想される。

ドル・円のテクニカル分析では、1973年の変動相場制以降後の最長記録となるモメンタム指標での「円売られ過ぎ期間」、トレンドの最長記録に近い陽線新高値20手を数えたこと、高値圏での反落を示唆する「三羽烏」の可能性、などから調整局面入りの可能性が高まりつつある。

当面のドル買い・円売り材料としては、14日の衆議院選挙で与党圧勝の可能性、17日の連邦公開市場委員会(FOMC)声明で、異例な低金利の継続期間である「相当な期間」が削除される可能性、年末に向けた米国企業の利益送金、などが挙げられる。

リスク要因としては、17日に前倒しされたギリシャの大統領選挙で選出出来なかった場合、解散総選挙となり、緊縮財政に反対している急進左派連合(SYRIZA)が躍進した場合、欧州債務危機が再燃する可能性が高まることになる。

17日の連邦公開市場委員会(FOMC)声明で、「相当な期間」が削除された場合、クリスマスに向けて、ニューヨーク株式市場の売り圧力が強まる可能性が高まることになる。

中国では、レポ取引の担保として低格付け債が使用できなくなったことで、地方政府の資金繰りへの懸念が高まりつつある。

【今日の欧米市場の予定】

18:30 英・10月商品貿易収支(予想:-95億ポンド、9月:-98.21億ポンド)
21:00 米・先週分MBA住宅ローン申請指数(前回:-7.3%)
04:00 米・11月財政収支(予想:-675億ドル)


《KO》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below