Reuters logo
《一読必須》今日の日経平均はこうなる~フィスコ・アナリスト別予想!
2015年6月4日 / 23:55 / 2年後

《一読必須》今日の日経平均はこうなる~フィスコ・アナリスト別予想!


*08:49JST 《一読必須》今日の日経平均はこうなる~フィスコ・アナリスト別予想!

【小幅高となる】20350-20500円のレンジを想定=フィスコ村瀬 智一

米株安の流れを受けて、シカゴ先物にさや寄せする格好から、売りが先行することになろう。日経平均は5日線の攻防をみせているが、結果的には上値抵抗として意識されやすくなった。とはいえ、引き続きボリンジャーバンドでは+1σと+2σとのレンジ内での推移が続いており、+1σでの底堅さが意識されやすい。ザラバでは+1σを割り込んでくるだろうが、日銀のETF買入れなどの思惑から下げない展開が意識されよう。20350-20500円のレンジを想定する。

【小幅安となる】米雇用統計を前にロール日和に=フィスコ田代 昌之

円建てCME先物は前日の225先物比55円安の20445円。為替市場では、ドル・円が124円40銭台、ユーロ・円が139円40銭台(8時00分時点)。本日の東京市場は、米雇用統計及びギリシャ債務交渉の進展などを見極めたいとする動きが強まり小動きの一日なる公算が大きい。昨日同様、上海株の急動意には警戒だが、懸念する材料としてはこれぐらいか。欧米株の下げに対する感応度も低いことから20400円台でトレードチャンスに欠ける展開を想定。

昨日の225先物、TOPIX先物の手口では、ともにロールオーバーが商いの中心となり売買の主体が読み難い格好となった。本日も凪の地合いが想定されることから、ロールオーバー日和となろう。足元、TOPIX先物のゴールドマン・サックスの買いポジションが話題となっているが、3日以降、ロールオーバーを粛々と実施しているもよう。本日や週明けには数万枚単位でロールオーバーを入れる可能性がある。市場の波乱要素として懸念されていただけに、順調なロールオーバーは市場の安心材料に。


《SY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below