Reuters logo
米国株見通し:FRB年内利上げ観測が重石となる可能性も
2016年9月29日 / 10:12 / 1年後

米国株見通し:FRB年内利上げ観測が重石となる可能性も


*19:08JST 米国株見通し:FRB年内利上げ観測が重石となる可能性も
S&P500先物 2164.25(+1.00) (18:30現在)
ナスダック100先物 4871.00(+2.75) (19:30現在)

19:30時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小動きで推移している。

28日の米株式市場は上昇。欧州株高や原油相場の上昇を受けて買いが先行。その後、電気通信セクターに売りが広がったほか、イエレンFRB議長の議会証言で、年内利上げが意識されたことから下落に転じる局面もみられた。しかし、石油輸出国機構(OPEC)の非公式会合で石油減産が合意されたことが伝わると、再び上昇する展開となった。ダウ平均は110.94ドル高の18339.24、ナスダックは12.84ポイント高の5318.55。

グローベックスの米株先物は小動きに推移しており、NYダウでは15ドル高程度で推移している。欧州市場は全般買いが先行して始まっているが、英国では石油株が堅調なスタートとなるなど、引き続き、原油減産の合意が好感された格好。ただし、OPECは11月30日にウィーンの本部で開く総会で詳細を詰め、正式に生産調整に踏み切る方針である。それまでに反対の動きも出てくる可能性もありそうなため、持続性を見極める必要がありそうだ。

また、前日のイエレンFRB議長証言では、利上げ時期は事前に決めないとしながらも、連邦公開市場委員会(FOMC)の大半のメンバーは年内の利上げを見込んでいると改めて説明した。本日もFRB高官による講演が予定されていることもあり、年内利上げ観測が高まる状況から、上値の重しになる可能性は警戒される。

その他、大統領選については、第1回の討論会ではヒラリー氏が勝利との見方となったが、投資銀行モーリスのCEOケン・モーリス氏はトランプ氏が勝利すると予想したと報じられている。政治の世界に新風を求める有権者の票が集まる可能性があることを理由に挙げたようである。二転三転とする可能性もあるため、戻り局面では利益確定の売りが出やすいだろう。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below