Reuters logo
今日の為替市場ポイント:欧州金融不安緩和でリスク回避の円買い抑制
October 2, 2016 / 11:12 PM / a year ago

今日の為替市場ポイント:欧州金融不安緩和でリスク回避の円買い抑制


*08:07JST 今日の為替市場ポイント:欧州金融不安緩和でリスク回避の円買い抑制
9月30日のドル・円相場は、東京市場では101円78銭まで買われた後に100円75銭まで反落。欧米市場でドルは101円45銭まで反発し、101円32銭で取引を終えた。

本日10月3日のドル・円は、101円台で推移か。欧州金融不安はある程度緩和されており、リスク回避的な円買いは抑制される見込み。

中国の人民元は、10月1日から国際通貨基金(IMF)加盟国の出資額に応じて割り当てる特別引き出し権(SDR)の構成通貨に正式に加えられた。新たな構成通貨は米ドル、ユーロ、英ポンド、日本円、人民元の5種類になる。IMFのラガルド専務理事は9月30日、「中国経済が世界の金融システムに融合するうえで重要な一歩」と話した。

ただ、ルー米財務長官は9月29日、中国人民元がSDRの構成通貨に追加されても、多くの国が外貨準備として人民元を保有するようになるのは時間がかかるとの見方を示した。市場関係者の間からは、中国が外国為替市場のさらなる開放に向けた変革を継続しなければ、各国中央銀行が人民元の保有を増やす可能性は低いとの声も聞かれている。

IMFはSDRの構成通貨や比率を原則的に5年毎に見直しているが、中国経済がさらに発展し、金融市場の制度改革や市場開放を加速させることによって構成通貨の比率は(米ドル:41.73%、ユーロ:30.93%、人民元:10.92%、日本円:8.33%、英ポンド:8.09%)から5年後には米ドル、ユーロの比率が低下し、人民元の比率が20%程度まで上昇してもおかしくないとの意見もある。


《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below