Reuters logo
個別銘柄戦略:ノーベル賞関連銘柄に関心が集中へ
2016年10月4日 / 00:12 / 1年後

個別銘柄戦略:ノーベル賞関連銘柄に関心が集中へ


*09:05JST 個別銘柄戦略:ノーベル賞関連銘柄に関心が集中へ


前日は堅調な動きとなったものの売買代金は低水準、本日も外部環境に大きな変化がない中で、全体相場は膠着感を強める可能性が高い。一方、前日は相対的に伸び悩んだマザーズ指数だが、本日は資金シフトの動きが期待できよう。日本人のノーベル賞受賞を受けて、関連銘柄を中心にテーマ物色の動きが活発化する可能性が高いとみられるため。とりわけ、バイオ関連が物色の中心になっていこう。「オートファジー」関連としては、医学生物、タカラバイオ、コスモバイオなどが挙がるが、幅広くバイオ関連には見直しの動き期待。また、今後のノーベル賞受賞候補として、超伝導、カーボンナノチューブ、酸化チタン、リチウムイオン電池、書籍関連なども注目されており、こちらの関連銘柄なども幅広く関心が向かおう。昨日はしまむらが決算発表、想定以上に底堅い決算となっている印象。引き続き小売セクターには過度な警戒感が後退する展開も見込まれる。一方、不動産セクターには本日投資判断格下げの動きが観測されている。

《KS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below