Reuters logo
レンジ相場継続、業績を手掛かりとした個別対応へ【クロージング】
2016年10月13日 / 07:31 / 1年後

レンジ相場継続、業績を手掛かりとした個別対応へ【クロージング】


*16:27JST レンジ相場継続、業績を手掛かりとした個別対応へ【クロージング】
13日の日経平均は続落。65.76円安の16774.24円(出来高概算16億5000万株)で取引を終えている。米FOMC議事録を受けて12月の利上げ観測が強まるなか、円相場は1ドル104円台と円安で推移していたこともあり、買い先行で始まった。自動車業界の再編機運の高まりも材料視されるなか、日経平均は一時16974.25円まで上げ幅を拡大させた。

しかし、ボックスレンジ上限となる17000円接近で上値の重さが意識されるなか、中国の弱い経済指標の発表が利食いに向かわせるきっかけとなると、その後はマイナス圏での推移となった。円相場も1ドル103円台での推移と円安一服で手掛けづらさもあった。

後場半ば以降は下げ渋りをみせたが、ソフトバンクグ9984、ファーストリテ9983、ファナック6954など、指数インパクトの大きい値がさ株が上値の重しとなっている。規模別指数は大型株指数のみがマイナス。セクターでは石油石炭、海運、証券、鉱業、鉄鋼が軟調。半面、非鉄金属、その他製品、繊維、サービスがしっかり。

中国の弱い経済指標をきっかけに利食いが強まった格好だが、自動車株はプラス圏をキープしたほか、「プレイステーションVR」を発売したソニー6758も終日プラス圏での推移となるなど、17000円近辺での上値の重さが想定内となるなかでは、底堅い相場展開だった。ただし、ここから下は日経平均の商いが膨らんでいるところであるため、踏ん張りをみせておきたいところである。

物色は決算シーズンとなるなかでは、業績を手掛かりとした個別対応。また、物色の柱は定まっていないが、VRやブロックチェーン、カジノ、自動運転などのテーマ株の循環物色に向かいそうだ。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below