Reuters logo
米国株見通し:19000ドル乗せで達成感も意識
2016年11月23日 / 08:51 / 1年前

米国株見通し:19000ドル乗せで達成感も意識


*17:46JST 米国株見通し:19000ドル乗せで達成感も意識
S&P500先物 2201.50(+1.25) (17:10現在)
ナスダック100先物 4878.50(+3.75) (17:10現在)

17:10時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小動きにに推移している。欧州は小幅ながらも全般買いが先行している。

22日の米株式市場は上昇。トランプ次期米大統領が掲げる減税や財政支出拡大で、景気循環に左右されやすい業界が恩恵を受けるとの楽観が強まっている。NYダウは初めて19000ドルを突破した。

グローベックスの米株先物は小動きで推移している。感謝祭の祝日を控えていることもあり、商いは膨らみづらいだろう。初の19000ドル乗せで達成感も意識されやすく、売り買い交錯といったところか。しかし、トランプ政権への期待が高まるなか、売り圧力は小さいと考えられる。NYダウはついにレンジを上抜けて高値を更新したことから、トレンドが強まりやすい面もありそうだ。こう着を想定しつつも、弱気になるところではないだろう。

経済指標では、耐久財受注(10月)、新規失業保険申請件数(先週)、FHFA住宅価格指数(9月)、製造業PMI(11月)、新築住宅販売件数(10月)、ミシガン大学消費者マインド指数確定値(11月)が予定されている。また、連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(11月1-2日分)が公表される。12月利上げに向けた動きが確認される見込みであり、また、来年の見通しについてのヒントが得られるかどうかにも注目したいところであろう。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below