Reuters logo
不安要因あるが押し目拾いのスタンスを継続【クロージング】
February 15, 2017 / 7:30 AM / 10 months ago

不安要因あるが押し目拾いのスタンスを継続【クロージング】


*16:26JST 不安要因あるが押し目拾いのスタンスを継続【クロージング】
15日の日経平均は反発。199.00円高の19437.98円(出来高概算21億株)で取引を終えた。注目されたイエレンFRB議長証言では、利上げを先送りするのは賢明でないとし、インフレ率や労働市場の改善が進めば、更なる利上げが必要になるとの認識を示した。利上げ観測の拡大を受け、日本株市場は金融セクター中心に幅広い銘柄に買いが先行した。しかし、前日の東芝ショックによるセンチメント悪化の影響もあり、その後は狭いレンジでのこう着が続いた。日経平均は19500円に届かずも19400円半ばでの底堅さが意識されていた。

東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1300を超えており、全体の7割近くを占めている。セクターでは電力ガス、その他製品、ゴム製品、鉄鋼の4業種がマイナスとなり、保険、卸売、銀行、パルプ紙、証券、化学、不動産、非鉄金属、機械、海運の強さが目立った。

日経平均はこう着感の強い値動きではあったが、テクニカル面では遅行スパンの上方シグナル発生がみられている。欧州政治不安や北朝鮮の地政学リスクのほか、東芝の先行きなど不安要因はあり、シグナル好転もダマシになる可能性があるものの、煮詰まり感が台頭してきている状況である。前日の大幅下落でも主な支持線は割り込んでおらず、現段階ではレンジ突破を意識しつつ、押し目拾いのスタンスを継続したいところである。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below