Reuters logo
今日の為替市場ポイント:米貿易赤字拡大を嫌気してドル上げ渋りも
2017年3月7日 / 23:28 / 8ヶ月前

今日の為替市場ポイント:米貿易赤字拡大を嫌気してドル上げ渋りも


*08:22JST 今日の為替市場ポイント:米貿易赤字拡大を嫌気してドル上げ渋りも

7日のドル・円相場は、東京市場では114円08銭から113円80銭で推移。欧米市場でドルは114円15銭まで反発したが、113円88銭まで下落し、113円98銭で取引を終えた。

本日8日のドル・円は114円前後で推移か。米長期金利の上昇はドル買い材料となりそうだが、米貿易赤字の拡大を嫌気してリスク選好的なドル買いはやや抑制される可能性がある。

米商務省が7日発表した1月貿易収支(財とサービスの合計)は-485億ドルとなった。市場予想と一致したものの、2012年3月以降では最大の貿易赤字を記録した。貿易赤字拡大は輸入増が原因とみられている。1月の輸入額は約2406億ドルで2014年以来の水準だった。自動車・自動車部品、石油製品の輸入が増加した。

米トランプ政権は米貿易赤字の大幅な削減が必要との立場を変えていないことから、米国は主要な貿易相手国との二国間協議を通じて、貿易赤字の縮小を目指すことになるとみられている。ただし、制度上のさまざまな問題について協議することが必要であり、米国の貿易赤字が短期間で大幅に縮小する見込みはないとみられる。

なお、ロイター通信の報道によると3月17-18日に開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の共同声明草案には、「競争的な通貨切り下げを回避し、競争目的で為替をターゲットとしない」との文言がなく、「公正で開かれた国際通商システムを維持する」、「従来の為替相場のコミットメントを再確認する」との文言が含まれるようだ。ただし、トランプ政権は貿易黒字国の通貨安誘導を非難しており、投機的なドル買いが強まる可能性については懐疑的な見方が多いようだ。




《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below