Reuters logo
米国株見通し:ファンダメンタルズ的にも需給的にも悪くない状況
2017年4月17日 / 09:06 / 8ヶ月前

米国株見通し:ファンダメンタルズ的にも需給的にも悪くない状況


*18:04JST 米国株見通し:ファンダメンタルズ的にも需給的にも悪くない状況
S&P500先物 2325.00(-2.50) (17:50現在)
ナスダック100先物 5355.25(-3.75) (17:50現在)

17:50時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小安く推移している。また、NYダウは20ドル安程度で推移。欧州はイースターマンデーの祝日で休場となるため、米株式市場でのフローは限られそうである。原油先物相場は小安く推移している。

NYダウは25日線に上値を抑えられる形でのもち合いが続いているが、このもち合いを下放れつつあり、調整基調が強まってくる可能性が高まってきている。一目均衡表では雲上限を下回り、雲下限での攻防。雲下限は20423ドル辺りで横ばい推移しており、これを割り込んでくるようだと、下へのバイアスが強まりやすいだろう。警戒されていた15日の北朝鮮・故金日成国家主席の生誕105周年の行事は通過したが、翌16日、再び弾道ミサイル発射を強行した。直後に爆発し、失敗に終わったため、米国は軍事行動などを取る考えがないことを強調。ただし、目先は緊張が和らいでくるのを見極める必要がありそうだ。

なお、今週からは1-3月期決算発表が本格化していく。また、今年は18日が確定申告期限となっているが、それに伴って非課税で積み立てられる退職金額が確定、市場に流入してくる時期であることから、ファンダメンタルズ的にも需給的にも悪くない状況だ。地政学的リスクが落ち着けば再び上値追いも期待できるだろう。

先週13日に発表されたJPモルガン、シティの決算はコンセンサスを上回っている。1-3月期のS&P500構成銘柄の利益予想では、金融セクターは全てのセクターで最大となる利益成長が予想されており、一先ず予想通りの出足である。今週は18日にバンク・オブ・アメリカ、ゴールドマン・サックス・グループ、19日にモルガン・スタンレー、USバンコープ、ブラックロックなどの決算が予定されている。ゴールドマン・サックス辺りが想定以上の結果ともなれば、市場に安心感を与えよう。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below