Reuters logo
今週の【日経平均】4月17~21日『仏大統領選控えるも週末にかけ堅調な展開に』
2017年4月23日 / 00:52 / 7ヶ月後

今週の【日経平均】4月17~21日『仏大統領選控えるも週末にかけ堅調な展開に』


*09:47JST 今週の【日経平均】4月17~21日『仏大統領選控えるも週末にかけ堅調な展開に』

【5日ぶり小幅反発、海外休場と地政学リスクで売買低調】17日(月)

■概況■18355.26、+19.63
17日(月)の日経平均は5日ぶり小幅反発。北朝鮮が16日に弾道ミサイルを発射したことなどから、引き続き同国やシリア情勢を巡る地政学リスクの高まりが警戒され、為替市場では朝方に1ドル=108円台前半まで円高が進んだ。本日の日経平均はこうした流れを受けて95円安からスタートしたが、前週末14日は海外主要市場が休場だったうえ、本日も欧州市場などが休場で海外勢の動きは限定的となり、前場はマイナス圏でのもみ合いが続いた。後場に入ると、日銀による上場投資信託(ETF)買い入れ観測を支えに小幅高水準まで切り返した。

大引けの日経平均は前週末比19.63円高の18355.26円となった。東証1部の売買高は14億5429万株、売買代金は1兆6337億円と今年最低だった。業種別では、電気・ガス業、不動産業、その他製品が上昇率上位だった。一方、輸送用機器、非鉄金属、銀行業が下落率上位だった。


◆注目銘柄◆
任天堂7974が3%近い上昇となった。引き続き新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の好調がポジティブ視された。その他ソニー6758、オリックス8591、三井不8801、日本電産6594などが堅調で、ファナック6954は小幅に上昇。PD4587が7%高となるなど中小型株に物色が向かい、グリー3632も新作ゲームの好調で急伸した。また、ローツェ6323、enish3667、北の達人2930などが東証1部上昇率上位となった。

一方、ソフトバンクG9984やファーストリテ9983といった値がさ株が軟調で指数を押し下げたほか、三菱UFJ8306、トヨタ自7203、三井住友8316、みずほ8411、東芝6502は小安い。クリレスHD3387は決算を受けて大きく売られた。また、キャリアリンク6070、住江織3501、石川製6208などが東証1部下落率上位となった。



------------------------------------------


【続伸、米株高・円安で買い先行も伸び悩む】18日(火)

■概況■18418.59、+63.33
18日(火)の日経平均は続伸。連休明け17日の米国市場でNYダウは183ドル高となり、円相場はムニューシン米財務長官の「ドル高は長期にわたり良いこと」との発言を受けて一時1ドル109円台前半まで下落。本日の日経平均は米株高や円安を受けて142円高からスタートしたただ、引き続き地政学リスクの高まりが重しとなったほか、本日の日米経済対話の内容を極めたいとの思惑もあり、寄り付き後は伸び悩んだ。後場の寄り付き直後に前日終値近辺で上げ幅を縮める場面があったが、その後やや値を戻し18400円水準で推移した。

大引けの日経平均は前日比63.33円高の18418.59円となった。東証1部の売買高は157522万株、売買代金は1兆7744億円だった。業種別では、その他金融業、銀行業、パルプ・が上昇率上位だった。一方、水産・農林業、食料品、石油・石炭製品など5業種が下落た。


◆注目銘柄◆
任天堂7974、三菱UFJ8306、ソフトバンクG9984、三井住8316、みずほ8411などが堅調。主力輸出株や金融株はおおむね買い戻しが優勢となった。業観測の報じられたアイフル8515が大きく買われる場面もあった。また、ゲーム株物色のれでenish3667がストップ高となり、沢藤電6901や北の達人2930などとともに証1部上昇率上位となった。

一方、トヨタ自7203やホンダ7267が小幅に下げ、三井不8801、7&iHD3382第一生命HD8750もさえない。また、今期減益観測が報じられたマルハニチロ1333が落し、ローツェ6323や電子材料6855などとともに東証1部下落率上位となった。東証2ではシャープ6753が買われた。東芝6502の半導体メモリー事業の売却を巡り、鴻海精工業が傘下の同社を自陣営に参加させることを検討していると伝わった。


------------------------------------------


【小幅に3日続伸、米株安・円高で売り先行も底堅さ】19日(水)

■概況■18432.20、+13.61
19日(水)の日経平均は小幅に3日続伸。米主要企業の軟調な決算や英国のメイ首相が解散総選挙の実施を表明したことを受け、18日のNYダウは113ドル安となり、米債券利回り低下とともに1ドル=108円台前半から半ばまで円高が進んだ。本日の日経平均は米株安や円高を嫌気して91円安からスタートしたが、寄り付き後は医薬品など内需・ディフェンシブ関連株に買いが入り、前日終値水準まで値を戻した。買いが一巡するとこう着感の強い展開だったが、後場に入るとやや強含み、引けにかけて小幅高水準で推移した。

大引けの日経平均は前日比13.61円高の18432.20円となった。東証1部の売買高は19億5291万株、売買代金は2兆3172億円だった。業種別では、水産・農林業、電気機器、サービス業が上昇率上位だった。一方、海運業、陸運業、空運業が下落率上位だった。


◆注目銘柄◆
任天堂7974、ソフトバンクG9984、三井住友8316、ソニー6758などが堅調で、みずほ8411は小幅高となった。東芝6502は半導体メモリー事業売却を巡る一部報道を受けて5%近い上昇。ゲーム株として足元人気のenish3667が一時ストップ高まで買われ、富士通6702も4%高と上げが目立った。また、イソライト工5358、スミダ6817、中部飼2053などが東証1部上昇率上位となった。

一方、トヨタ7203、NTT9432、三井物産8031などが軟調で、三菱UFJ8306やファーストリテ9983も小幅に下げた。前期業績の下方修正を発表したヤマトHD9064は3%超安。日本郵船9101などの海運株も下げが目立った。また、ローツェ6323、インベスターC1435、ボルテージ3639などが東証1部下落率上位となった。


------------------------------------------


【4日ぶり小幅反落、引けにかけて弱含む】20日(木)

■概況■18430.49、-1.71
20日(木)の日経平均は4日ぶり小幅反落。19日の米国市場でNYダウはIBMの決算や原油安を嫌気して118ドル安となり、為替相場も朝方は円高推移していたが、本日の日経平均は14円高からスタートした。国内年金によるアクティブ買いが観測され、前場には一時18523.40円(前日比91.20円高)まで上昇する場面があった。ただ、23日に予定されるフランス大統領選挙の第1回投票を前に引き続き外部環境の不透明感が意識されたほか、日本郵政6178の急落も投資家心理の悪化につながり、引けにかけて弱含んだ。

大引けの日経平均は前日比1.71円安の18430.49円となった。東証1部の売買高は18億4106万株、売買代金は2兆1592億円だった。業種別では、石油・石炭製品、電気・ガス業、鉱業が下落率上位だった。一方、銀行業、ゴム製品、輸送用機器が上昇率上位だった。


◆注目銘柄◆
任天堂7974が5日ぶりに反落し、ファナック6954、JT2914、KDDI9433もさえない。日本郵政は後場に一時5%安まで急落。豪物流会社の減損処理を検討との報道が伝わった。コマツ6301やJXTGHD5020は2%超、スタートトゥ3092は3%超の下落。また、JAC2124、日機装6376、ベクトル6058などが東証1部下落率上位となった。

一方、ソフトバンクG9984、三菱UFJ8306、トヨタ自7203、三井住友8316、ソニー6758などが堅調。東芝6502は半導体メモリー事業売却を巡る一部報道で5%高となり、業績観測が報じられたキヤノン7751は2%超上昇した。また、ゲーム株として人気が続くenish3667がストップ高まで買われたほか、前期業績を上方修正したNOK7240も東証1部上昇率上位に顔を出した。

------------------------------------------


【反発、仏大統領選控えるも堅調な展開】21日(金)

■概況■18620.75、+190.26
21日(金)の日経平均は反発。20日の米国市場では、主要企業の決算や堅調な経済指標が好感されたほか、ムニューシン財務長官がまもなく税制改革案を公表すると発言したことから政策期待も再燃し、NYダウは174ドル高となった。為替相場も1ドル=109円台前半から半ばまで円安に振れ、日経平均は161円高でスタートした。寄り付き後はフランス大統領選挙の第1回投票を前に手控えムードもあり、18500円台後半を中心としたもみ合いが続いた。ただ、大引け前に年金とみられる大口のインデックス買いが入り一段高となった。

大引けの日経平均は前日比190.26円高の18620.75円となった。東証1部の売買高は18億6244万株、売買代金は2兆2391億円だった。業種別では、ガラス・土石製品、電気・ガス業、ゴム製品、海運業、証券が上昇率上位だった。一方、サービス業のみ下落した。



◆注目銘柄◆
任天堂7974、ソフトバンクG9984、三菱UFJ8306、トヨタ7203、三井住友8316など売買代金上位は全般堅調。前日から減損損失計上の可能性が報じられている日本郵政6178は朝安後切り返した。コマツ6301が3%超上昇したほか、東エレク8035やSUMCO3436といった半導体関連株も上げが目立った。また、新ブランド投入が報じられたレナウン3606がストップ高まで買われ、ルック8029やオハラ5218などとともに東証1部上昇率上位となった。

一方、決算発表の延期を公表した富士フイルム4901が4%超、半導体事業売却を巡り不透明感が強まった東芝6502が5%超の下落。前日に通期決算を発表した安川電6506も3%近く下げた。また、ここまでゲーム株として人気だったenish3667が急反落し、ゲンキー2772や沢藤電6901などとともに東証1部下落率上位となった。






《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below