Reuters logo
10時30時点の日経平均は126円高、日立国際はTOBプレミアムへの期待感先行か
2017年4月26日 / 01:41 / 7ヶ月前

10時30時点の日経平均は126円高、日立国際はTOBプレミアムへの期待感先行か


*10:36JST 10時30時点の日経平均は126円高、日立国際はTOBプレミアムへの期待感先行か
10時30分時点の日経平均は前日比126.15円高の19205.48円。TOPIXは前日比11.43pt高の1530.64pt。

業種別では買いが優勢。上昇率トップは前日比2.81%高で石油石炭。その他、海運、鉱業、非鉄金属などが上位に続いている。

東証1部の売買代金トップは任天堂7974。その他、三菱UFJ8306、ソフトバンクグ9984、東芝6502、トヨタ自7203、三井住友8316、日立国際6756などがランキング上位に続いている。

東証1部の騰落状況は値上がり1546銘柄、値下がり364銘柄。値上がり率上位銘柄は、キムラタン8107、キヤノン電子7739、三洋貿易3176、日立国際6756、日神不動産8881など。キムラタンは前日比14%高に。

キヤノン電子は同社初の小型衛星を6月中旬に打ち上げると発表したと報じられたことが材料視され、日立国際はKKRとJIPによるTOB実施報道でプレミアム期待が先行する格好のようだ。


(株式アナリスト 若杉篤史)


《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below