Reuters logo
米国株見通し:税制改革案に注目、いったん一服も意識
April 26, 2017 / 11:47 AM / 8 months ago

米国株見通し:税制改革案に注目、いったん一服も意識


*20:40JST 米国株見通し:税制改革案に注目、いったん一服も意識
S&P500先物 2383.75(-1.25) (20:25現在)
ナスダック100先物 5550.00(-0.50) (20:25現在)

20:25時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小動きに推移している。また、NYダウは20ドル高程度で推移。欧州は小幅ながら全般売り優勢の堅調。前日に反発をみせていた原油相場は小幅ながら下落して推移している。

25日の米株式市場は上昇。NYダウが200ドル超の上昇となり、ナスダックは初の6000pt乗せとなった。26日に発表される税制改革案への期待のほか、28日に期限を迎える暫定予算にむけてメキシコ国境の壁建設費の予算計上を先送りにしたことが好感された。

市場の関心は税制改革案となる。トランプ米大統領はホワイトハウスの側近に対し、法人税を15%に引き下げ、赤字抑制より減税を優先して税制改革案の策定を急ぐよう命じた。関係者の話として米紙WSJが報じている。市場はこれを織り込む一方で、詳細は議会指導部と財務省当局者による今後の交渉を待つことになる可能性が高く、失望につながるリスクもありそうだ。足元でNYダウは急動意をみせ、ナスダックは最高値を更新している。先高期待は強いものの、欧州の弱い動きも手伝って、いったんは一服も意識しておく必要がありそうだ。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below