Reuters logo
NY株式:ダウは21ドル安、減税案発表後は利益確定の売り
2017年4月26日 / 22:02 / 7ヶ月後

NY株式:ダウは21ドル安、減税案発表後は利益確定の売り


*07:00JST NY株式:ダウは21ドル安、減税案発表後は利益確定の売り
26日の米国株式相場は下落。ダウ平均は21.03ドル安の20975.09、ナスダックは0.27ポイント安の6025.23で取引を終了した。朝方は税制改革案の発表を控えて小動き。複数の主要企業決算が堅調な内容となったが、連日の株価上昇を受けた利益確定の動きから、総じて上値の重い展開となった。注目の税制改革案は、個人の税率区分を3段階とし、最高税率を35%に引き下げたほか、法人税率も15%に引き下げたが、概ね予想通りの内容で相場への影響は限られ、引けにかけて下落した。セクター別では、電気通信サービスや消費者・サービスが上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や商業・専門サービスが下落した。

自動車大手のフィアット・クライスラー(FCAU)は、営業利益が予想を上回る決算を発表し、大幅上昇。短文投稿サイトのツイッター(TWTR)も、月間利用者数が予想以上に増加するなど好決算を受け、上昇。医療保険のアンセム(ANTM)、ファストフードのチポトレ・メキシカン・グリル(CMG)、アルミ応用製品のアルコニック(ARNC)なども、決算内容が好感され、堅調推移。一方で、鉄鋼大手のUSスチール(X)は決算が予想を下振れ、通期見通しを引き下げたことから、26%超の大幅下落。航空機のボーイング(BA)は決算内容が嫌気され、売られた。

決済サービスのペイパル(PYPL)はマーケット終了後に1-3月期決算を発表、売上高、調整後一株利益ともに予想を上振れた。時間外取引で上昇して推移している。

Horiko Capital Management LLC


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below