Reuters logo
個別銘柄戦略:決算に絡んだ銘柄ではサイバーエージェントなどに注目、任天堂の売り一巡後へ関心集まる
2017年4月28日 / 00:19 / 7ヶ月後

個別銘柄戦略:決算に絡んだ銘柄ではサイバーエージェントなどに注目、任天堂の売り一巡後へ関心集まる


*09:12JST 個別銘柄戦略:決算に絡んだ銘柄ではサイバーエージェントなどに注目、任天堂の売り一巡後へ関心集まる
28日の日本株市場はこう着感の強い相場展開となり、次第に利益確定の流れとなりそうだ。米国では28日に暫定予算が期限を迎える。政府機関の一部閉鎖を避けるためには議会が週内に新たな暫定予算を可決する必要がある。過度な警戒感は高まってはいないものの、結果を見極めたいとする模様眺めムードが強まりそうだ。

また、決算発表の第1弾のピークとなるため、こちらも模様眺めムードが強まりやすい一因になる。大型連休に入ることで参加者も限られてきそうである。決算を手掛かりとした短期的な値幅取り狙いが中心になりそう。ADRの日本株はNTTドコモ9437、ソフトバンクG9984、ファーストリテ9983、野村HD8604が堅調。半面、トヨタ7203、ファナック6954、任天堂7974、コマツ6301、オムロン6645が冴えない。任天堂については保守的と見る向きが大勢であり、売り一巡後の動向に注目。その他、決算に絡んだところでは、サイバーエージェント4751、アルプス電気6770、カプコン9697に注目。


《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below