Reuters logo
NY株式:ダウは40ドル安、ハイテク決算の明暗分かれる
2017年4月29日 / 01:36 / 7ヶ月前

NY株式:ダウは40ドル安、ハイテク決算の明暗分かれる


*10:33JST NY株式:ダウは40ドル安、ハイテク決算の明暗分かれる
28日の米国株式相場は下落。ダウ平均は40.82ドル安の20940.51、ナスダックは1.33ポイント安の6047.61で取引を終了した。1-3月期GDP速報値が3年ぶりの低水準となり、寄付き後から下落した。米議会が1週間の短期予算案を可決し、政府機関の一部閉鎖を回避したものの、トランプ政権の先行き不透明感が拡大したほか、一部ハイテク大手の決算内容が嫌気され、上値の重い展開となった。セクター別では、ソフトウェア・サービスやヘルスケア機器・サービスが上昇する一方で半導体・半導体製造装置や耐久消費財・アパレルが下落した。

ネット小売のアマゾン(AMZN)や検索大手のアルファベット(GOOGL)は好決算を発表し、上昇。ハードディスクのウエスタン・デジタル(WDC)は決算内容が予想を上振れ、堅調推移。一方で、アクションカメラのゴープロ(GPRO)は決算内容は予想を上振れたものの、製品需要の見通しや今後の製品展開に懐疑的な見方から下落。半導体のインテル(INTC)はデータセンター事業の業績悪化が嫌気され、軟調推移となった。

スーパーマーケットのホールフーズ(WFM)は、4月中旬にアクティビスト(物言う投資家)のジャナ・パートナーズが出資比率を引き上げたが、本日に資産運用会社のニューバーガー・バーマンを身売りの検討を要請したことが明らかとなり、今後の動向が注目される。



Horiko Capital Management LLC


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below