Reuters logo
今週の【日経平均】4月24~28日『米税制改革案で期待高まるも予想通り、決算内容で明暗分かれる』
2017年4月30日 / 00:53 / 7ヶ月後

今週の【日経平均】4月24~28日『米税制改革案で期待高まるも予想通り、決算内容で明暗分かれる』


*09:47JST 今週の【日経平均】4月24~28日『米税制改革案で期待高まるも予想通り、決算内容で明暗分かれる』
【大幅続伸、仏大統領選を通過し買い戻し】24日(月)

■概況■18875.88、+255.13
24日(月)の日経平均は大幅続伸。23日のフランス大統領選挙・第1回投票において中道系のマクロン氏が首位で決選投票に進み、波乱の展開を警戒していた金融市場には安心感が広がった。円相場が一時1ドル=110円台まで下落するとともに、週明けの日経平均は269円高からスタートした。寄り付き直後には18910.33円(前週末比289.58円高)まで上昇する場面があったものの、買い戻しが一巡すると高値もみ合いが続いた。25日は北朝鮮人民軍創軍85周年となることから、地政学リスクの高まりが重しとして意識されたようだ。

大引けの日経平均は前週末比255.13円高の18875.88円となった。東証1部の売買高は19億2119万株、売買代金は2兆1193億円だった。業種別では、陸運業、精密機器、建設業が上昇率上位だった。一方、鉄鋼、石油・石炭製品、鉱業の3業種のみマイナスとなった。


◆注目銘柄◆
任天堂7974、ソフトバンクG9984、三菱UFJ8306、トヨタ自7203、三井住友8316など売買代金上位は全般堅調。前期業績の上方修正を発表したソニー6758や、ファーストリテ9983、パナソニック6752は3%を超える上昇となった。レナウン3606は商いを伴って大幅続伸したが引けにかけて伸び悩んだ。また、パナソニックによる株式公開買付け(TOB)が発表されたパナホーム1924、大型受注を発表した池上通6771、防衛関連の石川製6208などが東証1部上昇率上位となった。

一方、SUMCO3436が5%近く下落したほか、三菱電6503、コマツ6301もさえない。今期減益見通しを発表した東製鉄5423は大きく売られた。また、ルック8029、サンデンHD6444、WSCOPE6619などが東証1部下落率上位となった。


------------------------------------------


【大幅に3日続伸、地政学リスクへの警戒感後退で19000円台回復】25日(火)

■概況■19079.33、+203.45
25日(火)の日経平均は大幅に3日続伸。24日の欧米株が仏大統領選挙の第1回投票結果を受けて全面高となる一方、円相場は米経済指標の悪化から一時1ドル=109円台まで上昇し、本日の日経平均は3円安でスタートした。朝方は朝鮮人民軍創建85周年を迎える北朝鮮情勢への警戒感も重しとなったが、同国について目立った動きは伝わらず、寄り付き後の日経平均は安心感から強含みの展開となった。前場に節目の19000円台を回復すると、後場には一時19109.76円(前日比233.88円高)まで上昇する場面があった。

大引けの日経平均は前日比203.45円高の19079.33円となった。東証1部の売買高は19億4868万株、売買代金は2兆3018億円だった。業種別では、保険業、証券、非鉄金属、鉄鋼が上昇率上位だった。一方、情報・通信、医薬品の2業種のみマイナスとなった。


◆注目銘柄◆
任天堂7974、ソフトバンクG9984、三菱UFJ8306、トヨタ自7203、三井住友8316などが堅調。前日逆行安だったコマツ6301やSUMCO3436のほか、日立6501などによる傘下のランディス・ギア買収提案が報じられた東芝6502の上げが目立った。運賃値上げの方針が報じられたヤマトHD9064は5%超の上昇。また、取引時間中に決算発表した昭電工4004が商いを伴って急伸し、伯東7433やVコマース2491などとともに東証1部上昇率上位に顔を出した。

一方、ソニー6758、SUBARU7270、キーエンス6861などがさえない。業績観測が報じられたNTTドコモ9437が2%下落し、KDDI9433やNTT9432といった通信大手も軟調ぶりが目立った。また、石川製6208やレナウン3606が急反落し、イーブック3658などとともに東証1部下落率上位に顔を出した。



------------------------------------------


【4日続伸、米税制改革案への期待から後場一段高】26日(水)

■概況■19289.43、+210.10
26日(水)の日経平均は大幅に4日続伸。25日の米国市場では主要企業の好決算に加え、トランプ政権に対する政策期待の高まりからNYダウは232ドル高となった。為替相場も1ドル=111円台まで円安に振れ、本日の日経平均は105円高からスタートした。寄り付き後は主力企業の決算を見極めたいといった思惑もあり、19200円を挟んだもみ合いが続いた。ただ、後場に入ると本日発表される米税制改革案への期待から主力輸出株や金融株が一段高となり、日経平均も上げ幅を200円超に広げ高値引けとなった。

大引けの日経平均は前日比210.10円高の19289.43円となった。東証1部の売買高は20億3553万株、売買代金は2兆5099億円だった。業種別では、全33業種がプラスとなり、石油・石炭製品、輸送用機器、ゴム製品、非鉄金属、銀行業が上昇率上位だった。


◆注目銘柄◆
三菱UFJ8306、トヨタ自7203、三井住友8316、東芝6502、みずほ8411など売買代金上位は全般堅調。ソフトバンクG9984は小高い。SUBARU7270、コマツ6301、日立6501などは3%超上昇した。エムスリー2413、IHI7013は決算や業績予想の修正を受けて急伸。また、三洋貿易3176やキヤノン電7739とともに、日米ファンド連合による買収が報じられた日立国際6756、前日発表の決算を受けて大幅続伸した昭電工4004が東証1部上昇率上位に顔を出した。

一方、決算や独社買収を発表した日本電産6594が朝高後下げに転じ、任天堂7974、NTT9432、KDDI9433もさえない。また、石川製6208、SRGタカミヤ2445、フジコーポ7605などが東証1部下落率上位となった。


------------------------------------------


【5日ぶり反落、米税制案は想定どおりで利益確定売り】27日(木)

■概況■19251.87、-37.56
27日(木)の日経平均は5日ぶり反落。注目された米税制改革案はおおむね予想どおりの内容で、26日のNYダウは21ドル安となった。日経平均も直近4日で850円余り上昇していたことから、本日は利益確定売り優勢で83円安からスタートした。寄り付き後は米税制案を受けた円高が一服してやや下げ幅を縮めたが、マイナス圏でのもみ合いが続いた。日銀の金融政策決定会合では金融政策の現状維持が決まったものの、市場の反応は限られた。ただ、引けにかけて前日終値に迫る場面があり、底堅さも窺わせる展開だった。

大引けの日経平均は前日比37.56円安の19251.87円となった。東証1部の売買高は19億7020万株、売買代金は2兆4554億円だった。業種別では、電気・ガス業、証券、医薬品が下落率上位だった。一方、水産・農林業、繊維製品、金属製品が上昇率上位だった。


◆注目銘柄◆
任天堂7974やトヨタ自7203などがさえない。ファナック6954やファーストリテ9983といった値がさ株も軟調で指数の押し下げ役となり、前期業績を下方修正した三菱重工7011は3%近く下げた。新旧分離型の法的整理案を検討と報じられたタカタ7312はストップ安比例配分。また、決算が嫌気されたヤフー4689やLINE3938、産業革新機構による保有株売却などの観測が報じられたルネサス6723、米ファンドによる株式公開買付け(TOB)が発表された日立国際6756も東証1部下落率上位に顔を出した。

一方、決算発表のキヤノン7751が3%を超える上昇となり、ソフトバンクG9984、三菱UFJ8306、東芝6502、ソニー6758などは小じっかり。アコム8572、富士通ゼ6755も決算や業績修正を受けて大きく買われた。また、ダイワボHD3107、東洋機械6210、メディアスHD3154などが東証1部上昇率上位となった。


------------------------------------------


【続落、決算内容で明暗分かれる】28日(金)

■概況■19196.74、-55.13
28日(金)の日経平均は続落。27日の米国市場でNYダウは6ドル高となり、上値の重い展開だった。主要企業の決算が好感されたものの、前日発表の税制改革案を受けて積極的な買いが手控えられたほか、原油価格の下落も嫌気された。為替相場は引き続き1ドル=111円台前半で推移しており、本日の日経平均は11円安と小幅に下落してスタートした。寄り付き後はやや下げ幅を広げたが、ゴールデンウィークの連休を控え小動きにとどまった。

大引けの日経平均は前日比55.13円安の19196.74円となった。東証1部の売買高は19億9653万株、売買代金は2兆5460億円だった。業種別では、情報通信が上昇率トップ。NTTドコモ9437が決算が増配が好感されるなか、前日に年初来安値を更新していたNTT9432のほか、KDDI9433など他の通信株に波及。その他製品は任天堂7974のインパクトが大きい。決算内容が嫌気されて始まったが、その後は保守的との見方から買い戻しの流れが強まっている。一方で、証券が下落率トップ。銀行、その他金融、不動産、保険といった金融セクターを中心に利益確定がみられた。


◆注目銘柄◆
決算を手掛かりとした物色が中心となり、決算内容を受けた明暗が分かれていた。NTTドコモ9437は決算や増配が好感されるなか、前日に年初来安値を更新していたNTT9432のほか、KDDI9433など他の通信株に波及。任天堂7974は決算内容が嫌気されて始まったが、その後は保守的との見方から買い戻しの流れが強まっている。一方で、証券や銀行、その他金融、不動産、保険といった金融セクターを中心に利益確定の動きがみられた。


------------------------------------------




《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below