Reuters logo
NY株式:ダウは55ドル高、失業率の低下を好感
2017年5月5日 / 22:02 / 7ヶ月後

NY株式:ダウは55ドル高、失業率の低下を好感


*07:00JST NY株式:ダウは55ドル高、失業率の低下を好感
5日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は55.47ドル高の21006.94、ナスダックは25.42ポイント高の6100.76で取引を終了した。4月雇用統計で非農業部門雇用者数が21.1万人増と予想を大きく上振れたほか、失業率が約10年ぶりの低水準に改善したことから、小幅上昇して寄り付いた後、原油相場の上昇に伴い緩やかに上昇する展開となった。しかし、7日の仏大統領選の決選投票を見極めたいとの思惑から上値は限られた。S&P500、ナスダック総合指数が最高値を更新した。セクター別では、エネルギーや電気通信サービスが上昇する一方で銀行や医薬品・バイオテクノロジーが下落した。

ITサービスのIBM(IBM)は、著名投資家のウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハサウェイ(BRK/B)が保有株の3分の1を売却したことが明らかとなり、下落。医薬品のジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)は、ベビーパウダーの長期使用に伴う卵巣がん発症を巡る訴訟に敗訴し、売られた。一方で、エネルギー会社のチェサピーク・エナジー(CHK)は、一部アナリストが1-3月期決算内容に肯定的な見方を示し、上昇。ハンバーガーチェーンのシェイク・シャック(SHAK)やゲーム企業のアクティビジョン・ブリザード(ATVI)は決算内容が好感され、堅調推移となった。

明日6日にバークシャー・ハサウェイの年次株主総会が予定されており、バフェット氏の発言に注目が集まっている。IBM株の売却についても株主総会を前に、バフェット氏が自ら明らかにした。



Horiko Capital Management LLC




《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below