Reuters logo
新興市場見通し:ミクシィやそーせいなど主力企業が決算発表、個別物色が活発に
2017年5月6日 / 02:22 / 7ヶ月後

新興市場見通し:ミクシィやそーせいなど主力企業が決算発表、個別物色が活発に


*11:15JST 新興市場見通し:ミクシィやそーせいなど主力企業が決算発表、個別物色が活発に
今週の新興市場では、いよいよ1-3月期の決算発表が本格化する。米4月雇用統計を受けてNYダウは21000ドル台を回復し、為替相場も1ドル=112円台後半まで円安に振れており、投資家心理は良好だろう。5月7日には注目のフランス大統領選挙・決選投票も通過し、徐々に好業績銘柄を中心とした物色が活発になるとみられる。

今週は5月9日にユナイテッド2497、フリークアウト・HD6094、グレイステクノロジー6541、10日にミクシィ2121、クルーズ2138、日本マクドナルドHD2702、セリア2782、ドリコム3793、シノケングループ8909、11日にUTグループ2146、アカツキ3932、エン・ジャパン4849、平田機工6258、12日に力の源HD3561、そーせいグループ4565、東映アニメーション4816、アライドアーキテクツ6081、日特エンジニアリング6145、ハーモニック・ドライブ・システムズ6324などが決算発表を予定している。市場コンセンサスでミクシィの17年3月期営業利益は前期比約11%減の840億円程度、18年3月期については790億円程度とみられている。また、そーせいグループの18年3月期は前期に一時金を計上した反動で減収減益となることが見込まれている。マニュアル管理ツールの導入拡大が期待されるグレイステクノロジー、主力ゲームが好調なドリコムやアカツキなどは個人投資家からの業績期待が高いようだ。

現時点で新規上場予定銘柄はない。しかし、連休明けとなる今週には6月上場案件の発表があるとみられているため注目しておきたい。



《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below