Reuters logo
過熱警戒も需給状況は一気に改善【クロージング】
2017年5月8日 / 08:01 / 6ヶ月後

過熱警戒も需給状況は一気に改善【クロージング】


*16:55JST 過熱警戒も需給状況は一気に改善【クロージング】
8日の日経平均は大幅に続伸。450.00円高の19895.70円(出来高概算24億株)で取引を終えた。5日の米国市場では雇用統計の結果を受けてNYダウは反発。終値では3月3日以来、2ヶ月ぶりに21000ドルを回復している。シカゴ日経225先物清算値は大阪比(2日)225円高の19705円となり、これにサヤ寄せする格好から買いが先行。また、フランス大統領選の決選投票は、欧州連合(EU)の強化を訴える中道系独立候補のマクロン氏が勝利した。予想通りの結果ではあるが、EU安定への期待から評価材料となった。

シカゴ先物にサヤ寄せして始まった日経平均は、その後もじり高基調となり、前場半ばには19800円を回復。上値の重さが意識されていたが、後場に入るとさらに上げ幅を広げており、一時19929.48円まで上げ幅を拡大させる場面もみられた。セクターでは、東証33業種全てが上昇しており、空運、化学、鉱業の上昇率は3%を超えている。東証1部の値上り数は1800を超えており、全体の9割を占める全面高商状となった。

日経平均は年初以降のもち合いレンジの上限を突破し、一昨年12月以来の19900円を回復する場面をみせている。年初から3ヶ月間もち合いを続けていた水準を上放れたことにより、需給状況は一気に改善し、トレンドが強まりやすい。価格帯別出来高では20400-20700円辺りまでは出来高が薄く、20000円は通過点になる可能性がある。ただし、いったんは過熱を冷ましたいところである。

また、決算発表が本格化することもあり、ショートカバー一巡後はこう着感が強まることも考えられる。需給状況が一気に改善したことから、決算がアク抜けにつながる可能性も意識されてきそうである。過熱警戒から押し目狙いのスタンスとなろうが、需給の軽さから、押し目待ちに押し目なしの展開も意識しておく必要がありそうだ。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below