Reuters logo
個別銘柄戦略:2万円接近で利益確定の流れ強まりやすい、指数インパクトの大きいファナックやファーストリテなどに注目
2017年5月10日 / 00:24 / 6ヶ月後

個別銘柄戦略:2万円接近で利益確定の流れ強まりやすい、指数インパクトの大きいファナックやファーストリテなどに注目


*09:15JST 個別銘柄戦略:2万円接近で利益確定の流れ強まりやすい、指数インパクトの大きいファナックやファーストリテなどに注目
シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや買い先行の展開になろう。ただ、節目の2万円接近で利益確定の流れも強まりやすいほか、決算が本格化するなかでは、決算内容を見極めたいとの模様眺めムードが強まりやすいだろう。もっとも、先高観が強まるなかでは押し目買い意欲も強く、下値の堅さが意識されやすい。物色の流れとしては昨日は上げ一服のなか、主力処から中小型に短期資金がシフトする動きがみられていた。本日はシカゴ先物が高いところで2万円を超えていたこともあり、やや主力株主導になりそうである。指数インパクトの大きいファナック6954、ファーストリテ9983、ソフトバンクG9984の動向が注目される。

その他、米アップルが終値ベースの過去最高値を更新し、時価総額で米企業として初めて8000億ドル(約91兆円)を上回っており、ハイテク株への刺激材料になろう。また、ここ数日で仮想通貨の価格が高騰するなか、ビットコイン、ブロックチェーンといったテーマ株への関心も強まりそうだ。

個別では格上げ等が観測されているファーストリテ9983、JDI6740、三菱電機6503や、格下げ等が観測されているキユーピー2809、LIXIL G5938、デクセリアルズ4980、アルプス電気6770の動向に注目。


《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below