Reuters logo
後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は小幅続伸、2万円目前での強弱感も押し目買い意欲は強い
2017年5月11日 / 03:32 / 6ヶ月後

後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は小幅続伸、2万円目前での強弱感も押し目買い意欲は強い


*12:26JST 後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は小幅続伸、2万円目前での強弱感も押し目買い意欲は強い
11日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は小幅続伸、2万円目前での強弱感も押し目買い意欲は強い
・ドル・円は114円15銭、もみあい、日本株にらみ売り買い交錯
・大林道やナガノ東などがストップ高


■日経平均は小幅続伸、2万円目前での強弱感も押し目買い意欲は強い

日経平均は小幅に続伸。29.18円高の19929.27円(出来高概算10億8000万株)で前場の取引を終えている。10日の米国市場は、トランプ大統領がFBI長官を解任したことで、政権営への不透明感が強まり売りが先行。原油相場の上昇に伴い株式相場も緩やかに上昇したものの、上値の重い展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円高の19950円。
円相場は1ドル114円30銭辺りと円安に振れて推移するなか、買い先行で始まった。また、決算発表が本格化する中、指数インパクトの大きいソフトバンクG9984が決算評価から上昇しており、日経平均をけん引している。

ただし、決算発表が本格化する中で積極的には動きづらいほか、日経平均の2万円目前での戻り売り圧力等も意識されており、日経平均は40円程度の狭いレンジ取引が続いている。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1000を超えており、過半数を占めている。セクターでは鉱業、精密機器、ゴム製品、空運、情報通信、非鉄金属、食料品が上昇。半面、鉄鋼、不動産、金属製品、パルプ紙、繊維、機械が冴えない。

日経平均は年初来高値を更新し、その後は引き続きこう着感の強い相場展開となっている。決算の影響が大きく、日経平均はプラスだが、TOPIXはマイナスとなった。これにより後場は日銀によるETF買入れへの思惑が高まりやすく、より下値の堅さが意識されそうである。また、トヨタ自7203は一時6000円を下回る場面もみられたが、その後は6000円処での下げ渋りに。底堅さが意識されてくるようだと、アク抜けにもつながる可能性がありそうだ。

もっとも、決算ピークが通過するまでは積極的な上値追いには向かいづらく、決算を手掛かりとした個別対応になりそうだ。また、好決算ながらも、これまで強い値動きが続いていた銘柄等は、利益確定のタイミングとして意識されやすい。過熱感が警戒されるなかであり、利食い局面での押し目拾いが有効だろう。
(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■ドル・円は114円15銭、もみあい、日本株にらみ売り買い交錯

11日午前の東京外為市場では、ドル・円はもみあい。日経平均株価の節目20000円回復への思惑から売り買いが交錯した。ドル・円は、日経平均の20000円回復への期待が続いているが、日本株が寄り付きから上げ幅を縮小したことでドル買い・円売りがやや弱まり、114円37銭から一時114円11銭まで小幅に値を下げた。

ランチタイムの日経平均先物はプラス圏で推移しており、引き続き日経平均の値動きをにらみながらの展開となりそうだ。日経平均の上値が重く大台到達は難しいとの見方もあるが、仮に20000円回復ならドル買いに弾みがつく可能性もあろう。

一方、米6月利上げ観測を背景としたドルの上昇基調に変わりはなく、目先のドルの大幅安は想定しにくい。

ここまでのドル・円の取引レンジは114円11銭から114円37銭、ユーロ・円は124円11銭から124円30銭、ユーロ・ドルは1.0863ドルから1.0878ドルで推移した。

12時18分時点のドル・円は114円15銭、ユーロ・円は124円14銭、ポンド・円は147円74銭、豪ドル・円は83円89銭で推移している。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・大林道1896やナガノ東9829など10社がストップ高。
※一時ストップ高(気配値)を含みます

・マーベラス7844、経常損益11.1%増益
・小野薬品工業4528、前期比5円増の45円に増配

・自民・下村氏「8月か9月には内閣改造があるだろう」

☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・13:30  企業倒産(4月)    5.36%

<海外>
・特になし


《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below