Reuters logo
米国株見通し:買いが先行も、もち合いレンジ内での値動きに
2017年5月16日 / 11:31 / 6ヶ月後

米国株見通し:買いが先行も、もち合いレンジ内での値動きに


*20:24JST 米国株見通し:買いが先行も、もち合いレンジ内での値動きに
S&P500先物 2398.25(-0.25) (20:00現在)
ナスダック100先物 5704.00(+2.75) (20:00現在)

20:00時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物はまちまちで推移している。また、NYダウは18ドル高程度で推移。欧州市場は高安まちまちで推移している。原油先物相場は小幅に上昇して推移している。

グローベックスの流れから、米株式市場はやや買いが先行しよう。ただし、NYダウはもち合いレンジ内での値動きであり、強弱感が対立しやすい水準ではある。昨日は情報セキュリティー株が軒並み上昇したが、関心は高まりそうだが、物色としては短期集中といった流れのなか、一巡感も意識されやすい。また、百貨店大手の決算が軒並み軟調となり、同市場の構造的な衰退期にあるとの見方が強まっている。不採算店舗の閉鎖も収益改善の効果が見られず、引き続き業績悪化の恐れがある。半導体関連への物色が依然続くことになりそうだが、他のセクターの不安定な状況から、半導体関連の相場全体を押し上げ影響としては徐々に低下してきそうだ。

経済指標では住宅着工件数(4月)、住宅建設許可件数(4月)、鉱工業生産指数(4月)、設備稼働率(4月)が予定されている。予想を上回ってくるようだと、利上げ観測が再燃する可能性はある。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below