Reuters logo
米国株見通し:米政権への懸念広がり、改めて売られる可能性
May 17, 2017 / 8:52 AM / 7 months ago

米国株見通し:米政権への懸念広がり、改めて売られる可能性


*17:48JST 米国株見通し:米政権への懸念広がり、改めて売られる可能性
S&P500先物 2384.00(-13.00) (17:20現在)
ナスダック100先物 5702.00(-22.25) (17:20現在)

17:20時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は弱含みに推移している。また、NYダウは100ドル安程度で推移。欧州市場は全般売りが先行している。原油先物相場は小幅に下落して推移。

16日の米株式市場では、ハイテク株が選好される半面、トランプ大統領がロシアに機密情報を漏洩したとの報道を受けて、政権運営の先行き不透明感が再燃し、まちまちの展開。欧州市場もトランプ・スキャンダルを警戒した流れのなか、売りが先行しているようだ。グローベックスの米株先物は売り優勢のなか、改めて売り直される可能性が高そうだ。

トランプ米大統領が、先週解任したコミー連邦捜査局(FBI)長官に対し、フリン国家安全保障担当補佐官に関する捜査を中止するよう要請していたことが分かった。また、トランプ大統領がロシア外相などと共有したテロ対策情報等についても、政権運営への先行き不透明感につながっており、不安視されよう。NYダウは25日線を上回ってのもち合いが続いているが、グローベックスにサヤ寄せしてくるようだと、25日線割れも警戒される。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below