Reuters logo
6月利上げ確度を見極め米国株見通し:米政権の政治混乱リスク警戒が重しに
2017年5月24日 / 10:47 / 6ヶ月後

6月利上げ確度を見極め米国株見通し:米政権の政治混乱リスク警戒が重しに


*19:42JST 6月利上げ確度を見極め米国株見通し:米政権の政治混乱リスク警戒が重しに
S&P500先物 2398.25(+0.25) (19:15現在)
ナスダック100先物 5716.75(+5.25) (19:15現在)

19:15時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小動きに推移している。また、NYダウは10ドル高程度で推移。欧州市場は小幅だが高安まちまち。原油先物相場は小幅に上昇して推移。23日の米国市場は上昇。予想を下回る経済指標の発表があったものの、米金利上昇を背景にゴールドマン・サックスなど金融セクターが買われた。

本日はFOMC議事録が公表されるため、6月利上げの可能性についてFOMCメンバーがどのような議論を行ったのかに注目したいところ。6月利上げ確率が依然として高い状況であれば、市場はポジティブに反応する可能性がある。NYダウは直近のリバウンドで25日線を回復しており、改めて21000ドルを試す可能性が期待されてくる。

一方で、翌25日の石油輸出国機構(OPEC)総会等の結果を見極めたいところでもある。原油相場は期待先行となるなか、OPEC前の利益確定の動きも意識されそうだ。その他、米ムーディーズ・インベスターズ・サービスが中国の信用格付けを約30年ぶりに引き下げた影響は見極めたい。また、CIA前長官は、下院情報特別委員会でロシア政府が大統領選に干渉した疑惑をめぐる調査に関する公聴会で証言し、トランプ陣営がロシア政府関係者と接触していた「十分な根拠」があると認めた。FBIのコミー前長官は、30日以降に上院情報委員会の公聴会で証言する予定でもあり、トランプ政権の政治混乱リスクへの警戒は重しになる。



《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below