Reuters logo
個別銘柄戦略:トランプ政権への警戒が重しに、仮想通貨関連への関心強まる
2017年5月30日 / 00:15 / 6ヶ月前

個別銘柄戦略:トランプ政権への警戒が重しに、仮想通貨関連への関心強まる


*09:10JST 個別銘柄戦略:トランプ政権への警戒が重しに、仮想通貨関連への関心強まる
こう着感の強い相場展開が続こう。引き続き海外勢のフローは限られるほか、FBIのコミー前長官は、30日以降に上院情報委員会の公聴会で証言する予定でもあり、改めてトランプ政権の政治混乱リスクへの警戒が重しになる可能性がある。祝日明けの米国市場の動向を見極めたいとする模様眺めムードが強そうだ。そのため資金の流れは中小型株に向かいやすいとみておきたい。とはいえ、中小型株についても業績を評価する動きとはいえ、一部の銘柄に集中する流れが続いており、過熱感が警戒されるところ。資金の逃げ足の速さが強まりやすく、やや慎重姿勢が必要といったところ。テーマとしては仮想通貨関連への関心が強まりそうである。また、政府の政策に絡んだテーマへの物色が意識されやすい。その他、個別で強気格付けや格上げ等が観測されているところでは、マンダム4917、さくら3778、うるる3979など。目標株価の引き上げでは、パラマウントベッド7817、三和HD5929、日本ハム2282、テルモ4543が注目される。
《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below