Reuters logo
ソフトバンクGとハイテク株がセンチメントを明るくさせる【クロージング】
2017年5月31日 / 07:23 / 6ヶ月後

ソフトバンクGとハイテク株がセンチメントを明るくさせる【クロージング】


*16:16JST ソフトバンクGとハイテク株がセンチメントを明るくさせる【クロージング】
31日の日経平均は小幅ながら4日続落。27.28円安の19650.57円(出来高概算20億1000万株)で取引を終えた。連休明けの米国市場は原油安のほか、北朝鮮の地政学リスク、トランプ政権運営への先行き不透明感から軟調な展開となった。シカゴ先物にサヤ寄せする格好から売りが先行すると、その後一時19589.25円まで下げ幅を広げる場面もみられた。

しかし、米国市場の下落要因については予想の範囲内であり、改めて売り直される流れとはならず、売り一巡後は下げ渋りをみせている。日経平均は引き続き25日線が支持線として機能していたほか、ファーストリテ9983、ソフトバンクG9984のほか、ハイテク株の一角が堅調な値動きとなり、日経平均を下支えする格好となった。また、大引けにかけてはMSCIのリバランスに伴うインデックス売買の影響もあって、下げ幅を縮めていた。

日経平均は引き続き25日線処での底堅さが意識されているが、トランプ政権運営への先行き不透明感から、引き続き外部要因を睨みながらの相場展開になろう。また、欧州不安も燻っており、積極的な資金が入りづらい需給状況である。その他、テーマ株物色についても活発な取引が続いているものの、一部の銘柄に資金が集中する流れでもあり、資金の逃げ足の速さにも注意する必要がありそうだ。

その中で、ソフトバンクGやハイテク株の強い値動きが、こう着の中でも安心感につながっている。そのため、不安定な地合いの中でも、ソフトバンクGとハイテク株の堅調な展開が続くことで、こう着相場の中でもセンチメントは良好だろう。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below