Reuters logo
中小型株の活発な取引が続く【クロージング】
June 1, 2017 / 7:29 AM / 7 months ago

中小型株の活発な取引が続く【クロージング】


*16:22JST 中小型株の活発な取引が続く【クロージング】
1日の日経平均は5日ぶりに反発。209.46円高の19860.03円(出来高概算17億3000万株)で取引を終えた。5月31日の米国市場は、原油安のほか、米国債利回り低下が嫌気された。ただし、米株安の影響は限られ、日経平均はシカゴ先物を上回って始まった。その後もインデックスに絡んだ資金が流入するなか、前場半ばには19800円を回復するなど、直近4日間の下落部分を吸収している。市場では月初により、機関投資家の資金が流入しているとの見方がされていた。

ただし、指数インパクトの大きいところでは、東エレク8035、セコム9735、キヤノン7751がけん引。一方で、ファナック6954、ソフトバンクG9984が重しになるなど、リバランスにとどまっているように映る。

とはいえ、日経平均は足元で25日線レベルまでの調整を経て、煮詰まり感が台頭するなかで、理想的な反発をみせている。直近戻り高値を捉えてきており、19800円処で底堅さが意識されるなか、改めて節目の2万円が意識されてきそうだ。一方で米国では週末に雇用統計など重要な経済指標の発表が控えているため、積極的には動きづらいところはある。

また、ロシアゲート問題に揺れるトランプ政権だが、FBIのコミー前長官に圧力をかけたとされる問題で、コミー氏が早ければ来週にも上院情報特別委員会で証言する意向であることが明らかとなった。政治混乱リスクが高まりやすいなか、強弱感が対立しやすいだろうが、そのなかで、中小型株の活発な取引が続いている。トランプ政権への不透明感からコア銘柄は手掛けづらいが、それ故に中小型株に資金が集中しやすいだろう。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below