Reuters logo
個別銘柄戦略:模様眺めムード強まるか、ADRで強い動き見せたソフトバンクGや、メガバンク動向に注目
2017年6月9日 / 00:09 / 5ヶ月前

個別銘柄戦略:模様眺めムード強まるか、ADRで強い動き見せたソフトバンクGや、メガバンク動向に注目


*09:02JST 個別銘柄戦略:模様眺めムード強まるか、ADRで強い動き見せたソフトバンクGや、メガバンク動向に注目
注目されたコミーFBI前長官の議会証言のほか、英国総選挙についてはいずれも想定内となり、アク抜け感につながりそうである。8日の米国市場では政権運営に対する先行き懸念が後退し上昇。シカゴ日経225先物は大阪比70円高の20000円となっている。

昨日の日経平均は2万円を挟んでのこう着のなか、大引け間際に下落幅を拡大させていたが、この下落部分を吸収する展開になりそうだ。また、米ADRでソフトバンクG9984が強い動きをみせており、指数インパクトの大きい同社が日経平均をけん引する格好になりそうである。また、昨日しっかりだった銀行株の動向も注目される。

ただ、週末要因のほか、来週13-14日の連邦公開市場委員会(FOMC)で予想通り利上げが実施されるかを見極めたいとのムードも高まりやすく、次第にこう着感が強まりそうである。物色対象はソフトバンクGを睨みつつ、中小型株にシフトしてきそうだ。格上げ等が観測されているところでは、古河電5801、凸版7911となり、目標株価引き上げでは、浜松ホトニクス6965、フクダ電子6960、フジクラ5803が注目されよう。



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below