Reuters logo
英ポンド週間見通し:下げ渋りか、EU離脱に向けた強硬論後退を再評価も
2017年6月10日 / 06:05 / 5ヶ月後

英ポンド週間見通し:下げ渋りか、EU離脱に向けた強硬論後退を再評価も


*14:59JST 英ポンド週間見通し:下げ渋りか、EU離脱に向けた強硬論後退を再評価も
■下落、英総選挙で与党過半数割れ

先週のポンド・円は下落。6月8日に行われた英総選挙で与党・保守党の議席数は過半数を下回ったことが要因。総選挙前から苦戦が予想されていたが、過半数は辛うじて維持されるとの期待があったことから、リスク回避的なポンド売り・米ドル買いが活発となった。ただ、米ドル・円相場は週後半に円安方向に振れており、ポンドの対円レートの下げ幅はやや縮小した。取引レンジ:139円54銭-143円10銭。

■下げ渋りか、EU離脱に向けた強硬論後退を再評価も

今週のポンド・円は下げ渋りか。英総選挙で保守党が過半数を割り込み、連立政権が発足する見通し。ただ、「ハード・ブレグジット」路線の見直しが再評価されれば、ポンドは買戻しが強まるだろう。一方、14-15日開催の英中銀金融政策委員会(MPC)では利上げ観測が広がらず、ポンド買いは限定的に。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・13日:5月消費者物価コア指数(前年比予想:+2.3%、4月:+2.4%)
・15日:5月小売売上高(前月比予想:-0.7%、4月:+2.3%)
・15日:英中央銀行金融政策委員会(金融政策は現状維持の予想)

予想レンジ:139円00銭-142円00銭



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below