Reuters logo
日経平均テクニカル:まずは25日線を支持線とした自律反発が意識されるが
2017年6月12日 / 09:18 / 5ヶ月後

日経平均テクニカル:まずは25日線を支持線とした自律反発が意識されるが


*18:15JST 日経平均テクニカル:まずは25日線を支持線とした自律反発が意識されるが
反落。狭いレンジ内での取引だったが、上値は5日線が抵抗となり、下値は25日線が支持線として機能している。ボリンジャーバンドでは+1σと中心値(25日)との攻防といった格好になる。バンドが収れんしているところでもあり、中心値を下回ってくるようだと、-2σ辺りまでの調整を意識しておく必要がある。一目均衡表では雲を上放れての推移であり、転換線、基準線が支持線として意識されている。しかし、遅行スパンが実線を割り込みつつあり、下方シグナル発生が警戒されてくる。パラボリックのSAR値は19550円辺りに位置している。25日線を下回ってくるようだと、下のターゲットとして注意する必要がある。週間形状では13週、26週線を上回っての推移が続いているが、両線のデッドクロスが再び警戒されてくる可能性がある。まずは25日線を支持線とした自律反発が意識されるが、いったん195500円辺りまでの調整を見せた方が、その後の反発も早そうである。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below