Reuters logo
個別銘柄戦略:こう着感の強い展開に、金融株への資金シフトは見極め必要、第一生命などに注目
2017年6月15日 / 00:25 / 5ヶ月後

個別銘柄戦略:こう着感の強い展開に、金融株への資金シフトは見極め必要、第一生命などに注目


*09:22JST 個別銘柄戦略:こう着感の強い展開に、金融株への資金シフトは見極め必要、第一生命などに注目
こう着感の強い相場展開が続こう。注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)では、大方の予想通り政策金利が引き上げられた。イエレンFRB議長は、足元の物価上昇ペースの減速を認めた一方で、中期的なインフレ目標の達成には楽観的な見通しを示し、残り年1回の追加利上げ見通しを維持しており、予想通りの内容だった。一方で原油先物相場が下げているほか、ハイテク株の戻りが続かなかったこともあり、イベント通過とは言え不安定な展開になりやすい。また、ワシントン郊外で共和党下院議員が負傷する銃撃事件が発生したことも、手控え要因になりやすい。

ハイテク株の底打ちが確認出来ないとしても、米金融改革への思惑から金融株への資金シフトが起こるようであれば、相場の先高観は後退しないだろう。ただし、金融株へのシフトも見極めが必要であり、模様眺めムードにつながりやすい。その為、こう着感の強い相場展開のなか、個人主体の中小型株物色は続こう。調整一巡感の出てきた銘柄や、長期的にボトム圏で推移している銘柄などには、きっかけ次第で短期筋の値幅取り狙いの資金が集中しやすい。

その他、格上げ等が観測されているところでは、味の素(2802)、伊藤忠(8001)、三井物(8031)、住友商(8053)、第一生命(8750)、ソニーFH(8729)、太陽誘電(6976)、ファナック(6954)が注目される。


《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below