Reuters logo
東京為替:ドル・円は小じっかり、日本株は伸び悩み
2017年6月26日 / 03:21 / 5ヶ月前

東京為替:ドル・円は小じっかり、日本株は伸び悩み


*12:14JST 東京為替:ドル・円は小じっかり、日本株は伸び悩み
26日午前の東京外為市場で、ドル・円は小じっかり。日本株の伸び悩みで、上昇は限定的となった。ドル・円は111円前半で推移。日経平均株価が前週末比で小幅高となり、20000円台を維持したためややリスク選好的なドル買い・円売りの流れに振れやすい展開となった。ただ、日経平均の上げ幅が限定的のため、ドルの上昇ペースは鈍い。

ランチタイムの日経平均先物は、引き続き小幅高で推移しており、目先の日本株高継続を期待したドル買い・円売りが続く。日経平均は20000円の大台を維持するとみられ、アジア市場では目先もドルは下値の堅い展開となりそうだ。

ここまでのドル・円の取引レンジは111円16銭から111円35銭、ユーロ・円は124円45銭から124円68銭、ユーロ・ドルは1.1191ドルから1.1200ドルで推移した。

【経済指標】
・日・5月企業向けサービス価格指数:+0.7%

【要人発言】

・日銀金融政策決定会合(主な意見)
「現在の金融政策を維持することで、需給ギャップの改善と失業率の低下、および有効求人倍率の上昇を促し続けることが2%の物価安定目標を達成するうえで最も有効」

「出口への関心が高まっている背景には、日銀の資産規模拡大もあるが、景気が改善していることが大きく影響している。今後、景気改善が続くもとで、市場の不安を高めることがないように金融政策運営の考え方を説明する必要」


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below