Reuters logo
個人主体の中小型株物色は引き続き活発に【クロージング】
2017年6月29日 / 07:15 / 5ヶ月前

個人主体の中小型株物色は引き続き活発に【クロージング】


*16:12JST 個人主体の中小型株物色は引き続き活発に【クロージング】
29日の日経平均は反発。89.89円高の20220.30円(出来高概算19億5000万株)で取引を終えている。28日の米国市場は引き続き長期金利の上昇を受けて金融セクターを中心に買いが先行するなか、ハイテク株にも買い戻しの流れが広がっている。シカゴ先物は大阪比70円高の20210円となり、日経平均は前日の下落部分を吸収する格好となった。

その後、戻り待ちの売り圧力から20200円を下回る場面もみられたが、値がさハイテク株の一角やソフトバンクG9984、ファナック6954が下支えする格好から、底堅い値動きをみせている。セクターでは鉄鋼、その他製品、証券、海運、その他金融、非鉄、卸売が上昇。一方で、ゴム製品、繊維、食料品、鉱業が小安い。

日経平均はこう着ながらも、5日線を上回っての底堅さが意識された。株主総会集中日でもあるため、想定内のこう着といったところであろう。そんな中、物色意欲の強い個人マネーは前日に調整が強まっていた中小型株の見直しに向かっており、良好な需給状況が確認された。

明日は週末要因からこう着感の強い相場展開が続きそうだが、個人主体の中小型株物色は引き続き活発になろう。もっとも、物色意欲が強いとは言え資金の逃げ足も速く、いったん値動きが鈍るようだと、一気に利益確定の流れが強まりやすくなる可能性はあるとみられる。フットワークが要求されよう。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below