Reuters logo
欧米為替見通し:ドル・円は上げ渋りか、北朝鮮リスクが重石に
2017年7月10日 / 08:27 / 4ヶ月後

欧米為替見通し:ドル・円は上げ渋りか、北朝鮮リスクが重石に


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は上げ渋りか、北朝鮮リスクが重石に
今日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。前週末に発表された堅調な米国の6月雇用統計を好感した動きとなる見通し。ただ、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の首脳宣言に北朝鮮問題が言及されなかったことで警戒感が残され、引き続き円買い要因として意識されそうだ。

7日に発表された米国の6月雇用統計は、失業率が4.4%(予想4.3%)、平均時給が前年比+2.5%(同+2.6%)と下振れしたものの、非農業部門雇用者数が前月比+22.2万人(同+17.8万人)と大幅に改善。先行指標として注目された6日の6月ADP雇用統計(民間雇用者数)が低調で、7日の雇用統計への期待が低下していたため、ポジティブ・サプライズと受け止められ、ドル・円はNY市場で114円台まで値を切り上げた。週明けアジア市場も朝方を除いては114円前半を中心とした小じっかりの値動きで、欧米市場も株高に振れればリスク選好的なドル買い・円売りの流れが続きそうだ。また、日銀による7日の指値オペの効果も継続し、ドルの上昇を支援しよう。

今晩は重要イベントの通過で様子見ムードが広がりやすいなか、23時発表の米国の6月労働市場情勢指数が手がかりとなる可能性があろう(注:予定時刻に発表されないこともあります)。昨年10月以降は改善と悪化の節目ゼロをほぼ安定的に上回って推移しており、6月雇用統計の堅調な内容を裏付けられれば、連邦準備制度理事会(FRB)の年内追加利上げ観測が高まり、ドル買い要因となる見通し。一方、6-7日にドイツ・ハンブルグで開催されたG20サミットの首脳宣言に関し、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射や核実験実施に対する非難が盛り込まれなかった。北朝鮮の脅威にさらされる状況に変わりはなく、警戒による円買い継続でドルは上値が押さえられる展開となりそうだ。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】
・23:00 米・6月労働市場情勢指数(予想:2.5、5月:2.3)
・04:00 米・5月消費者信用残高(予想:+135億ドル、4月:+91.97億ドル)


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below