Reuters logo
NY為替:ドル弱含み、トランプ米政権に対する不信感が再浮上
2017年7月11日 / 22:14 / 5ヶ月前

NY為替:ドル弱含み、トランプ米政権に対する不信感が再浮上


*07:08JST NY為替:ドル弱含み、トランプ米政権に対する不信感が再浮上
11日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円49銭へ上昇後、113円72銭まで反落し、113円96銭前後で引けた。日米金利差拡大観測を受けたドル買い・円売りが優勢となつたのち、予想を下回った米国の5月JOLT求人件数やブレイナード米連邦準備制度理事会(FRB)理事が追加利上げに慎重な見通しを示したほか、トランプ大統領の長男が公開したメールの中で、「選挙支援したい」とのロシア側の意向が示されたことが明らかになると、政権への警戒感が再燃し、リスク回避のドル売り・円買いが加速。

ユーロ・ドルは、1.1394ドルから1.1480ドルへ上昇して1.1466ドルで引けた。欧米金利差の拡大観測を受けたユーロ売り・ドル買いが後退。ユーロ・円は、130円21銭から130円77銭へ上昇した。ポンド・ドルは、1.2923ドルから1.2831ドルへ反落。利上げを示唆すると見られていた英国中央銀行のブロードベント副総裁の講演での発言が「英国のEU離脱後の貿易を懸念する」と予想外のハト派寄りとなったため、ポンドの売り戻しが加速した。ドル・スイスは、0.9695フランから0.9625フランへ下落。安全通貨としてのフラン買いが強まった。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below