Reuters logo
マザーズ先物概況:反落、後場に弱含む展開
2017年7月12日 / 07:20 / 4ヶ月後

マザーズ先物概況:反落、後場に弱含む展開


*16:20JST マザーズ先物概況:反落、後場に弱含む展開
12日のマザーズ先物は反落。5pt安の1163ptで取引を終えた。高値は1174pt、安値は1158pt。出来高は271枚。前日比ほぼ変わらずでスタートした後は、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長による議会証言を控え、もみ合いが続いていたが、225先物が2万円台での値固めによって下値の堅さが意識されると、マザーズ先物も1170ptを超えて上昇する場面があった。後場に入ると、円高進行による相場全体の地合い悪化とともにマザーズ先物も直近の上昇に対する利食い売りが優勢となったが、下げ幅は限定的であった。

個別では、前日まで強い動きをみせていたマザーズ時価総額上位のミクシィ2121が引けにかけて売り込まれた。一方で、そーせい4565やOTS4564はしっかりとした動きをみせた。OTS4564は、11日取締役会において、がん遺伝子の大規模解析検査や免疫療法の研究開発を行う子会社の設立を決めたことが好感された。




《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below