Reuters logo
今日の為替市場ポイント:米長期金利上昇などを意識してリスク選好の円売り継続へ
2017年7月26日 / 00:13 / 2ヶ月前

今日の為替市場ポイント:米長期金利上昇などを意識してリスク選好の円売り継続へ


*09:06JST 今日の為替市場ポイント:米長期金利上昇などを意識してリスク選好の円売り継続へ
25日のドル・円相場は、東京市場では111円34銭から110円83銭まで下落。欧米市場でドル・円は111円20銭から111円96銭まで買われており、111円90銭で取引を終えた。

本日26日のドル・円は112円前後で推移か。米長期金利の上昇や欧米株高を意識して、リスク選好的な円売りは継続する可能性がある。

米議会上院は25日、医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案の審議開始について採決を行い、50対51の僅差で可決した。共和党議員2名が反対したものの、ペンス副大統領の投票によって正式な審議入りが決まった。報道によると、マコネル上院共和党院内総務は改廃法案に関する作業を今週中に終わらせるとの意向を示した。

市場関係者の間からは、「オバマケア改廃法案の審議開始は歓迎すべきことだが、2名の共和党議員は反対に回っており、法案可決については楽観視できない状態が続いている」との声が聞かれている。改廃法案に関する作業は調整などを含めて時間がかかるとみられており、関係筋によると今週中に終了できる保証はないとされている。25日のニューヨーク市場ではオバマケア改廃法案の審議開始を好感してドル買い・円売りが活発となったが、改廃法案が最終的に可決するまでは予断を許さない状況が続くとみられる。


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below