Reuters logo
今日の為替市場ポイント:米長期金利反落でリスク選好のドル買い縮小も
2017年7月26日 / 23:40 / 2ヶ月前

今日の為替市場ポイント:米長期金利反落でリスク選好のドル買い縮小も


*08:31JST 今日の為替市場ポイント:米長期金利反落でリスク選好のドル買い縮小も
26日のドル・円相場は、東京市場では112円09銭から111円79銭まで下落。欧米市場でドル・円は112円20銭まで買われた後に111円06銭まで反落し、111円15銭で取引を終えた。

本日27日のドル・円は111円前後で推移か。米長期金利の反落を意識して、リスク選好的なドル買い・円売りはやや縮小する可能性がある。

26日に開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で金融政策の現状維持が決定されたが、公表されたFOMC声明でバランスシートの縮小開始時期を表明しなかったことから、ドル売りが優勢となった。市場関係者の大半はバランスシートの縮小開始時期は9月の可能性がかなり高いとの見方に傾いているが、「FOMC声明はインフレについて慎重な見方を伝えている」との声が聞かれており、リスク回避的なドル売りにつながったようだ。

追加利上げについては12月になるとの見方が依然として多いものの、インフレ率が鈍化した場合、年内の追加利上げは難しくなるとの見方が増えている。FOMC声明では「前年同月比でみると、全体のインフレ率とコアインフレ率は2%を下回っており、将来のインフレを示す市場ベースの指標は低いまま」、「委員会は物価の動向を注意深く監視する」との文言が今回も維持されており、一部の市場関係者は「FRBはバランスシートの正常化を優先し、追加利上げについてはインフレ次第ではないか?」と想定している。


《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below