Reuters logo
マザーズ先物概況:反落、円高進行や地政学リスク再燃
2017年8月9日 / 07:30 / 3ヶ月前

マザーズ先物概況:反落、円高進行や地政学リスク再燃


*16:30JST マザーズ先物概況:反落、円高進行や地政学リスク再燃
9日のマザーズ先物は反落、22pt安の1082pt(下落率1.99%)で取引を終えた。高値は1105pt、安値は1069pt。出来高は3102枚。本日のマザーズ先物は、前日比ほぼ同値でスタートした直後から大幅な下落をみせ、引けまで弱含んだ。円高進行や地政学リスクが再燃したことを受け日経平均が心理的な支持線として意識されていた75日線を割り込むなか、マザーズ先物においても短期的に売り仕掛け的な売買が多くみられた。

個別では、マザーズ時価総額上位銘柄のミクシィ2121が7%安となったほか、明日決算発表を控えるそーせい4565やGNI2160などが揃って売られた。ミクシィ2121は、17年4-6月期が前年水準を確保したものの、足元の株価下落による需給悪化への警戒感が強いことなどを背景に、決算発表をきっかけに手仕舞い売りがかさんだ。


《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below